特徴

コストメリット


従来の鉄骨造に比べて建物重量を軽くなるので、建物の地盤への影響も少なくなり、軟弱地盤にもベタ基礎にて対応いたします。
鉄骨造より基礎が小さくなることから、基礎サイズや残土も軽減できます。
三階建てをメインに四階建てまで対応しています。

地震に強い


重量鉄骨に比べ軽いので深堀り基礎の必要なくバランスが良いのが特徴です。
構造体が軽くて地震に強いです。

スペースの有効活用


重量鉄骨と違って柱形がなく、スペースが有効に活用できます。
一般的な鉄骨造は柱型や梁型が出っ張り、住空間を圧迫しますが、軽量鉄骨は耐力壁を減らし、他の構造のデメリットを解消できます。